プードルのエース君3歳です。

実はエース君はサークル内に入ると噛み付いてきます。でもサークル内以外では普通(笑)もともとは物を監守する事があり、食事中手を入れると唸る…そして天邪鬼な性格でもあります。そこから歳を重ねて食事から食器、毛布、排泄物なども守るようになり、今ではサークル内では唸る、噛む…と最終形態になりました。

↑おっ兄ちゃん。よく顔が見えねーじゃねーか。

先輩風を吹かすまめぞう君(笑)そんな事してると誰かさんに追いかけ回されるよ。

性格は気が弱く、内弁慶。誰かを頼りにしたがるので依存体質ですね。だから初めは大人しい。慣れてきたら騒がしい。

なので初めはあまりかまわない事により、1匹の時間に慣れて周りに目が行きやすくなります。周りに慣れて1匹の時間を過ごせるようになったら手を差し伸べて関係を作り頼りに尚且つ初めにやっておいた静かにする時はする…メリハリの出来上がり♪

↑どうしたらいいのやら…。

以前違う場所でペットホテルに預けると2.3日吠え続けてたららしいです。恐らくは発言の場所があり過ぎた環境や人が目につきやすい場所にいた。後は人が不安になっているエース君をかまいすぎて1匹になると不安になりヒステリーを起こして吠え続けた…とかでしょうか。そんな子には落ち着く環境、逃げ道を初めから用意する事も大切ですね。

↑食べるに関しては100点です(笑)

少し変わり者かな?と思ってましたが、ザ・プードルですね(笑)そしてプードルは特定の場所で吠えたり、唸ったり、噛んだりする子が多いですね。真面目なんです(笑)

さて、サークル内に入ると気が大きくなりここは俺の領土、もしくは俺の物に触るな!で、噛んでくるエース君の矯正の予定ですが、初めはサークルに入れません。初めからサークル内に入れて無理に矯正しようとすると唸る噛む癖は付くはまだエース君のコントロールが出来ないので戦えません。まずはお互いの関係性を作りトレーニングで物の分別を覚えてからサークル内でどう反応するかのカリキュラムです。

↑ん?君は誰?早速お友達が挨拶してくれてます♪

またクレート内では大人しくしており、噛む事もないので自分のホームだから噛む…ではなく、サークル内で噛む…がエース君の正解ですね。自分のホームに入ると気が大きくなり噛む子はサークル内でもクレート内でも噛みますからね。

では何故サークル内で唸ったり噛んだりする子になったのか…サークル内で何かしらのきっかけがあったのでしょう。

↑先輩風を吹かしたまめぞう君は先輩の後ろを挨拶なしで素通り。

↑だから上下関係をパスタに教えてもらうために追いかけ回されて服も半分脱がされました(笑)

↑だんだんと相手をしてもらわなくなったゴロウ君。顔が寂しそうです…。

↑でもすぐに忘れるのがゴロウ君の良いところ♪

マルちゃんは警視庁24時みたいに目が隠されてますが、なんかやらかした?

↑こてつ君はボーッと好き勝手されています(笑)

↑ニコラ君に足の歩幅を合わせたマヨ君は…。

↑あかん、もう無理。。。

良いダイエットになったみたいですね♪

↑い、いつの間にニコラ君はそんな所まで移動を…。

アーサー君のリアクションはそんな感じかな?

↑服の選び方を失敗した日。

ニコラ君は男の子。みかんちゃんは女の子。逆だね(笑)

↑まっ似合ってるからいいかー♪

↑みんなに突かれていじけているこてつ君(笑)

↑どっちのお姉さんに突かれたのかな?

↑小さな怪獣3獣士に小さな筋肉ヒマワリ君が参加しました。弾けて混ざるかな?

↑モモちゃんとパスタは大体サイズは同じ。メイジェイ達も大体同じ。

でもメイジェイ達はいつもボールを奪われます(笑)

↑ここから第二回戦の始まりです♪