014

信号待ち♪

トレーニングが形になっていたら日頃の成果街中で試す時。

街中には人や車、自転車、他犬などなどの刺激がいっぱい。それに慣れつつ、そんな環境でも横について歩いたり、待ったりと練習して行きます。慣れている特定の場所で、賢くても街中ではイレギュラーな事が沢山あり、中々上手くいかない事があります。それに対応すべく日頃やってきたことを実践して行きましょう!

 010

↑横について歩きます。

 009

↑たまにはアイコンタクトをとりましょう。

 011

↑公園に着いたら自由な時間。でもいきなり自由にしてしまうと授業と自由の境界線がなくなり、全部自由な時間になってしまいます。その境界線を張るのがお座り。お座りをして「よし」などの号令で、今から自由時間と理解させましょう。

 012

↑ただただ突っ立ってる(笑)

 015016

↑ニコラ君は慣れてるので、バッチリ♪

 017

↑休憩。

 018

↑休憩しながら周りを見せてやり、免疫をつけましょう。

 002

↑ハルク君もだんだん慣れてきました。

 003

↑人が来たら座って通り過ぎるまで待ちましょう。

 004

↑信号待ち。まだ動き回るので、上手く撮れない。

 005

↑おっ!何か発見!!

 021

↑ジーっ。

 020

↑パンダがいました。これも社会勉強だね。

 022

↑ここで休憩して慣れてくるとこちらに注目するようになります。周りに慣れたからこちらに視線がいくということでもありますね。意外と地味ことをし続けてこうのような結果につながります。

 023

↑乗りたいけどのれない(笑)

001

↑そして雨の影響や湿気でお腹が荒れてきました。そしてつツーンとした皮膚が弱い犬の匂いがします。この匂いは部屋全体を覆いつくすので、すぐに分かります。これは独特の脂。脂はベトベトしていて菌が繁殖しやすいので、すぐにシャンプーして綺麗にしましょう。

 008

↑日中は出来なかったので、薬浴で夜しました。皮膚荒れのスピードは結構早いんですよ。

 007

↑綺麗になりました。するとツーンとした匂いがなくなりました。